肌悩みを解消するなら美容液!美白ならビタミンC誘導体に注目!

そもそも美容液って何?

化粧水や乳液、クリームなどいろいろな美容アイテムがありますが、その中で肌悩みがあるならぜひ取り入れたいのが美容液です。美容液は、シミやくすみなどの色素沈着に悩んでいるなら美白用の美容液を使うなど、自分が肌の何に悩んでいるかで決めるといいでしょう。その悩みに合った美容成分が高濃度で配合されているので、他の美容アイテムよりも少量なのにお値段が高めのことが多いです。そのため、ついケチってしまいがちですが、きちんと適量を使うことでしっかり効果を発揮するのでケチるのはやめましょう。

美容液をつけるタイミングは化粧水の後!

美容液を買ったはいいけれど、どのタイミングで使うのかわからないという人がいます。その場合は説明書などをきちんと読めばわかりますが、ほとんどの美容液は化粧水で肌を整えた後に使います。美容液をつけたら、乳液やクリームで肌から水分が蒸発しないようにフタをします。美容液は顔全体に使うのもいいですが、シミ対策したいならシミのある場所に重点的につけます。一度塗ったあとに重ね付けしてもいいでしょう。塗ったらハンドプレスしてしっかり浸透させます。

美白用美容液の成分とは?

美白用の美容液に配合されている美容成分は、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノン、ルシノールなどがあります。特にビタミンC誘導体は美白には不可欠と言っていい成分です。シミを予防するだけでなく、シミを薄くする効果もあるため美白美容液を選ぶなら、ビタミンC誘導体が配合されているかどうかチェックしてみましょう。ただビタミンC誘導体は高い効果が期待できますが、やや肌に刺激が強いため肌が弱い人や肌が敏感になっている時は使い方に気を付ける必要があります。

美容液は、基礎化粧品となり、保湿、美白といった成分が入っていて、女性には欠かせないものとなっています。