そうだったの!?脂肪溶解注射の安全性や副作用のリスク

脂肪溶解注射っていったい何?

脂肪溶解注射を知っていますか?脂肪溶解注射とは脂肪細胞に専用の薬剤を直接注入することを指します。体にかかる負担が少ないことから人気の脂肪溶解注射ですが、安全性はどうなのでしょうか。脂肪溶解注射に使用する薬剤は米国食品医薬品局の認可を受けているものを使用しているため、安全性は高いといわれています。しかし、いくら安全性は高いと言いましてもクリニックによって薬剤の配合は異なりますので、利用するクリニックは慎重に選ばれることをおすすめします。

副作用のリスクはゼロではない

脂肪溶解注射の安全性は高いと言いましても副作用のリスクはゼロではありません。脂肪溶解注射は体内の脂肪細胞を破壊します。その影響で腫れやむくみ、内出血などの副作用が起きることもあるようです。症状は数日で緩和されるものがほとんどですが、数日を経過しても痛みや腫れが引かない場合もあります。その場合はすぐにドクターに相談するように努めましょう。脂肪溶解注射は副作用のリスクを理解した上で受けることが大切です。

日本では薬剤の成分を指定する規定が定められていない

脂肪溶解注射はクリニックによってブランドやブレンドする薬剤が異なります。なぜクリニックによってブランドやブレンドする薬剤が異なるのか、それは日本ではまだ薬剤の成分を指定する規定が定められていないからです。ブレンドする薬剤が異なるのですから、当然受診するクリニックによって効果は大きく異なります。中には粗悪品の薬剤を使用しているクリニックもあります。受診するクリニックを選ぶ際は評判などを参考にし、慎重に選ぶようにしましょう。

脂肪溶解注射とはフォスファチジルコリンが主成分の美容施術に使われる溶剤で、切開することなく?身できるのがメリットです。